2006年08月25日

土産話

 恥ずかしながら帰って参りました。といってもグアム島からでは、ございませんよ。
 
 いやぁ〜、休みを取るのも、たまったもんではありません。旅行前に、休んでいる間の仕事をしないといけないので仕事量は2倍。帰って来てからも、溜まっている仕事をしないといけないので仕事量は2倍。まさに「2倍!2倍!」と高見山の気分です。その上、さっき、このブログが完成間近という時に、誤操作で書いた文章が全部消えてしまい、パソコンを叩き壊しそうになっているところです…。あぁ…イライラする!!また書き直さなくては…。これやからパソコンは大嫌いやねん!紙に鉛筆で書いとったら、こんなことにはならへんのに!…と、アナログ精神剥き出しでキーボードをブッ叩いております。
 
 旅は、羽川英樹さんと、私と、私の配偶者の3人で行って参りました。この3人旅は、私が『羽川英樹のぶらっとサンデー』のディレクターで、配偶者がADをしていた頃からの恒例旅行で、今回で約2年振りの3回目。私が結婚してからは、初めてとなります。羽川さんは、『S君は夫婦やからええけど、僕は一人で寂しいなぁ。誰か女性の参加者を番組で募集しよか…」などと、一人でブツブツ言っておりました。行き先は、ローカル線を満喫できる所を考えていたんですが、時間的制約もあり、ローカル線の旅は諦めて、避暑地へ行くことにしました。てなわけで、飛騨高山に行って来ました。避暑地どころか、猛烈に暑かったのですが…。
 
 16日早朝に出発し、まず、新幹線で名古屋へ。もちろん『こだま』の自由席ですよ。その方が、空いていてのんびりできるという羽川流旅行術です。そして、名古屋からは『特急ワイドビューひだ』で高山へ。車窓から名勝・中山七里を眺めながら、下呂温泉で途中下車をして、川沿いにある『クアガーデン露天風呂』で入浴。何と、このクアガーデンの数軒隣にはヌード劇場が!でも、真昼間なので営業はしておらず。宿は、高山でとっているので、残念ながら見られませんでした…。しかし!河原には無料の男女混浴露天風呂が!!しかも、囲いや脱衣所がないので、土手や橋から丸見え。さすがに私達は入りませんでしたが、ふと橋の上から見てみると、全裸の入浴客が数人!もちろん、全員おっさんでしたけどね…。下呂温泉では、昭和9年から販売されている奥田家の家伝薬『下呂膏』を購入。まだ使ってませんが、肩こり等に効くそうです。
 午後、高山に着くと、早速、古い町並み散策に出掛けました。いいですね〜、日本本来の町並みが、俗にならず、上品に観光地化されて保たれているので好印象。土産物屋には、飛騨名物のボボが!右を見てもボボ!左を見てもボボ!ボボ!ボボ!ボボ!ボボ!ボボ!ボボと言っても猿のボボですけどね。『の』を入れると危険ですね。猿ボボです猿ボボ。ご存知の方もおられると思いますが、猿ボボとは飛騨の言葉で『猿の赤ちゃん』のことを意味します。厄除けや安産のお守り人形です。ボボ好きの私が鼻息荒くしていると、配偶者が『ウボボ』なるものを発見!これは、ウサギの人形で、配偶者は迷わず購入。私も「ウボボー!」と意味無く大興奮。でも、配偶者ボボが一番ですけどね。ちなみに、ボボマニアの私は、既に猿ボボは所有しているので購入せず。
DSCN0411.JPG 
(写真:高山の古い町並み)

 17日は、レンタカーを借りて郡上八幡へ。その後、空いている夕方を見計らって、世界遺産の白川郷へ。しかし、想像していた日本の原風景は、そこにあらず…。俗な商業地域として、テーマパーク化した姿があるだけでした…。ガッカリです。同じ世界遺産の熊野古道が、アスファルトで舗装されて両脇には売店が建ち並ぶようなもんです。とはいうものの、高台に上ると、白川郷も見栄えがよくなり日本の原風景が甦ります。あるいは、積雪の季節に訪れる方がいいのかもしれませんね。
DSCN0442.JPG DSCN0438.JPG
(写真:白川郷にて)

 最終日の18日は、奥飛騨温泉郷へ。まずは、新穂高ロープウェーで標高2156mの西穂高岳へ。
DSCN0471.JPG DSCN0476.JPG
(写真:配偶者と私)       (写真:配偶者ボボ)

 その後、新平湯温泉にある『ヘルシーランド奥飛騨・たるまの湯』に入浴。ここは、最高でした。露天風呂の前は川で、目の前に山が迫っているという抜群のロケーション。椅子も設置されているので、のぼせた体をボケ〜っと冷ましていて、フト横を見ると、露天風呂を囲んでいる簾の隙間から隣が見えるではありませんか。そこには、同じように椅子が設置されています。ひょっとして女風呂の露天?「羽川さん!隣、女風呂ちゃいますか?!簾の隙間から隣が見えるんですが…」「何?それはほんまか?!」と、色めき立つ二人でしたが、残念ながら、隣はただの休憩スペースでした…。
 
 この旅の表ネタに関しては、
 『羽川英樹のんびりサタデー』のホームページ  
 http://jocr.jp/nonbiri/nonbiri.htmlと、
 『羽川英樹オフィシャルホームページ』
 http://www.big-face.co.jp/06RecentState.htmlの記事を、是非ご覧下さい。

ちなみに、9月頭に夏休み第二弾を取らせて頂きます。今度は、配偶者との二人水入らず旅行になります。何か面白い物があれば、みなさんへのお土産も買って来ますです。今回は、そんなこと、コロッと忘れてました。エヘッ。

(S)
posted by S at 23:12| Comment(29) | TrackBack(0) | Sの個室付特殊欲情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

夏休み

 私、明日16日(水)と17日(木)の2日間、『ハーバーカフェ』をズル休み致します。そして、水・木・金と2泊3日の旅に出させていただきます。探さないで下さい…。

(S)
posted by S at 18:31| Comment(32) | TrackBack(1) | ラジオ関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

みなとこうべ海上花火大会&ミキサーN氏

更新はまだかという皆様からの声に、夜な夜なうなされながら、月月火水木金金という状況で、仕事に励んでおりますヘルペスと妻持ちのSです。ヘルペスの跡が、まだ消えないんですが、どうしたらいいんでしょう?修正液塗ったら消えますかね?夫婦の営業は、めっきり休業中にもかかわらず、ヘルペスの為で腰が痛みます…。あっ、一人で営業してるからですかね?
 まぁ、そんな家庭崩壊寸前の中、昨夜は、神戸の海上花火大会に夫婦で行って参りました。ちなみに、もう一人のディレクターA氏とピアニストの天宮嬢は、仕事をしながらラジオ関西の本社7階から、音の無い花火を見ていたようです。
 私は、中突堤の先っぽから見ました。昔からこの場所で見ているのですが、案外、ゆったりと座れて穴場かもしれませんね。実は、配偶者と神戸の花火に行くのは、付き合っている頃も含め初めてでして、去年は、花火の音を聞きながら家で仕事。配偶者はションボリ…。という気まずい雰囲気でした。花火の方は、まぁ、毎年同じようなもんなんで特に何の感動も無く、途中、居眠りかけました。そして気付けば配偶者の冷たい視線…。どっちにしろ、気まずい雰囲気の花火大会でした。

 8耐の方は、残念ながら私は行けず。詳しくは、奈月店長のブログを覗いてみて下さい。

 『ハーバーカフェ』のミキサーであるN氏と私は、お互い引き篭もり的性格も相まって、公私共に親しくしているのですが、このN氏が、これまたとんでもない変人なんです。
 まず、携帯電話を持っていない。次に、パソコンを持っていない。そして、運転免許を持っていない。どうやってこの業界で仕事しとんねん?という生きた化石の40歳独身巨乳好きの独り暮らしです。とりあえず、日常的に連絡が取れないんです。本人いわく「公衆電話があるからええねん。」。もちろん自宅に電話はあるんですが、常に留守電状態。メッセージを録音しても、かかって来るのは3回に1回。放送前になっても姿が見えないと、ドキドキしますよ。まさに緊張感のある放送です。N氏いわく「俺のことはブログに書かんといてや。」。でも、N氏はパソコンが使えないんで、書かれていてもわからないんですよね〜。ヘッヘッヘッ。でも、N氏はその昔、神戸じゃ名の知られたカリスマDJだったんですよ!
 この続きは、また今度。
Dsc03490.jpg
N氏の後ろ姿

(S)
 
posted by S at 14:03| Comment(35) | TrackBack(0) | ラジオ関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。