2006年12月17日

大人の玩具

 前回の記事のコメントに、質問がありましたが、私の所有する『熊ん子』は、えんじ色の初代『熊ん子』ですね〜。黒いのは『ニュー熊ん子』で、他にも『熊ん子No.2』や『熊ん子No.3』といった、モデルもあるみたいです。

 南極2号は、一体ぐらい欲しいんですが高価なので中々…。夏に須磨海岸で、浮き輪がわりに使ってみたりもできますしね。ところで、2号ということは、1号もあったのか?という質問もありましたので、手持ちの資料を元に、少し調べてみました。
 昭和31年、第一次南極観測隊が出発した時に持って行ったのが、国家によって開発された『ミス南極』だそうです。これがいわゆる『南極1号』のことなんでしょうね。隊員の間では、『べんてん様』と呼ばれていたようです。その後、民間によって作られ、『元祖・ミス南極』を名乗る商品が市販されたとあります。これが『南極2号』のことなんでしょうかね?
 ちなみに、戦前から、別名『胴人形』と呼ばれて、ダッ○ワイフは市販されていたそうです。日本陸軍では、大正時代から開発が進められており、女性の形をしたものが『甲型』、局部のみが『乙型』で、『擬似女体』と呼ばれていたそうです。
 
 その他の玩具については、追々。

 さてさて、忘年会シーズン。ラジオ関西でも12月8日に、忘年会が行われました。『のんびりサタデー』のブログにも書いてますので、詳しくはそちらの方で。ラジ関パーソナリティーのほとんどが集結。濃厚な余興が繰り広げられました。別に、脱いだりとかはなかったですが。
          DSCN0745.JPG
写真写りが悪くてすみません…。さなえもんが、歌っているところです。風邪で喉の調子が悪かったのが、残念でした。

(S)
posted by S at 10:43| Comment(16) | TrackBack(0) | Sの個室付特殊欲情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。