2007年02月04日

講談どうですか?

 ご無沙汰してて、申し訳ないです。 
 でもって、みなさん、落語は聞いたことがあっても、講談って聞いたことないんと違います?というか、講談って何?と思われる方が多いと思います。
 落語は、おもろい話にオチをつけるというのが基本ですが、講談は、歴史的事実に脚色を交えながら語るというものです。例えば『忠臣蔵』とか『太閤記』といったものですね。
 私が敬愛してやまないのが、旭堂南海さんです。なんせ、私、自称・南海の裏弟子ですからね。『谷五郎のOH!ハッピーモーニング』をお聴きだった方は、『ベストセラー読むならこれ』というコーナーに出演してたのを覚えておられるかと思います。講談は、落語と違って、お笑いではありませんが、まじめな話でもそこは南海さん。クスッと笑わせてくれますし、もちろん話に引き込む話術は超一流。人情物では、私のワイフは泣いてましたからね。
            ??????〓??¨.JPG
               講談中の南海さん

 南海さんの講談は、時間が許せばちょくちょく見に行くのですが、年末に、『徳川家康をののしる会』というのを見に行って来ました。これは、南海さんの師匠である、三代目・旭堂南陵さんが始められた会なのですが、長らく途絶えていたのを今回、復活させたんです。
 まず、南海さんを始め一門の方が、それぞれ家康をコケにするような講談をした後、客席も交えて家康をののしるトークショーが始まるのです。しかも、日本酒をあおりながら(笑)。例えば、『日本が少子化なのは、家康が悪い!』、『地球温暖化になったのも、家康が悪い!』、『大阪からソー○ランドが無くなったのも、家康のせいだ!』、といったお題を掲げて、その理由をお客さんと一緒に考えるのです。そして、一番おもろい答えを考えた人には日本酒が(笑)。
            ??〓??〓??§¨±´.JPG
        家康をののしってるとこ。右は、旭堂南鱗さん

 南陵さんが始めた時は、徳川の子孫からクレームが来たそうですが、豊臣の末裔だと言い張る、ある電波系の人からは、豊臣家を再興してくれとの熱いエールが来たそうですよ(笑)。
 現在、上方講談は、旭堂一門十数名のみ。落語と違って廃れてます…。講談、おもろいですよ。みなさんも一度、聞いてみて下さい。

 そうそう、江戸時代、浅草の浅草寺境内に志道軒という講談師がいました。男性器の形をした棒を片手に(普通は、張り扇を持つ)、エロ話をして大人気だったそうです。こんなんを南海さんには、してもらいたいですね〜。

(S)
 
posted by S at 16:44| Comment(8) | TrackBack(0) | Sの個室付特殊欲情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。